MSと米ヤフー、「検索分野での提携」で交渉再開か--買収は望み薄の模様

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉2008年06月25日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftと米Yahooはまるで、付き合うか別れるか、それともただの友達でいるか、決めかねているティーンエイジャー2人のようだ。

 CNET News.comが米国時間6月23日に真っ先に報じたように、MicrosoftとYahooは再び交渉している。数人の情報筋の話によると、今回の交渉では買収以外の案についても話し合われたという。

 この件に詳しい情報筋は、完全買収の可能性について、「実現しないと断言できる」と語った。これに対し、TechCrunchは23日、Microsoftが以前の提示額である1株当たり33ドルを下回る額でのYahooの完全買収に関心を抱いていると報じている

 別の情報筋は、Microsoftの(6月12日に発表された)最新の声明の通り、Microsoftは基本的に、完全買収には関心がないものの、検索分野での提携については交渉の余地を残している、と指摘した。

 いずれにしても、投資家たちは、どんな形であれMicrosoftがYahooに関心を持つのは良いことだと考えているようだ。Yahooの株価は6月24日に一時、1株当たり23ドルを突破したが、その後、値を戻し、現在は前日終値から37セント増(1.7%増)の21.82ドルで取引されている。

 こうした動きが伝えられる一方で、Yahooはまた、Carl Icahn氏との委任状争奪戦を避けるために、投資家へのプレゼンテーションの準備を進めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加