logo

ミルモ、DRMフリーのWMAをダウンロードできる携帯電話向け音楽配信サービス

岩本有平(編集部)2008年06月23日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミルモは6月23日、デジタル著作権管理(DRM)フリーの楽曲や音楽コンテンツをダウンロードできるNTTドコモ向けのiモード公式サービス「ラジうた取り放題」の提供を開始した。

 ラジうた取り放題では楽曲のダウンロードをはじめ、専門チャネル「ラジうたステーション」でのネットラジオの配信、90秒間の楽曲試聴サービス、コミュニティ機能を備える。サービスは月額498円となっている。

 楽曲のダウンロードについては、洋楽やインディーズ楽曲を中心に開始当初1万曲をラインアップし、今後は24万曲程度まで拡大していく予定。うた・ホーダイ形式では無制限のダウンロードが可能なほか、DRMフリーのWMAファイルをダウンロードできる。

 WMAファイルは128kbpsの音質で提供する。ダウンロードの所要時間は、ファイルの容量にもよるが、HSDPA対応端末で約1分程度になるという。また対応機種であれば、ダウンロードは携帯電話で直接行うことが可能だ。なお、WMAファイルについては1曲210円の個別課金となる。

 また、ラジうたステーションでは著作権処理済みの楽曲を使ったネットラジオを配信する。サービス開始当初は12番組をラインアップし、NTTドコモが提供する「ホームU」向けには、元YMOの高橋幸宏氏がDJを務めるオリジナル番組を、WMA形式でストリーム配信致する。

 さらに、将来的にはラジオ番組制作者や一般ユーザーに対して権利処理済みの楽曲を提供し、ネットラジオを作成できる機能も提供していくことで利用ユーザーの拡大を進めるという。

 そのほか、コミュニティ機能では、楽曲のプレイリストを作成するほか、販売楽曲へのコメントや気になる楽曲やアーティストについてタグを付けての管理ができるほか、公開されているプレイリストやユーザーをお気に入り登録することができる。

-PR-企画特集