フォトレポート:分解、「Apple Macintosh Classic」--おなじみの筐体に詰め込まれた技術 - 21/46

文:Mark Kaelin(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年07月02日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この画像で強調表示されているチップは「Motorola 68000 CPU」だ。68000の動作速度は8MHzで、当時、Amigaを含む複数のPCに搭載されていた。

 この画像で強調表示されているチップは「Motorola 68000 CPU」だ。68000の動作速度は8MHzで、当時、Amigaを含む複数のPCに搭載されていた。

提供:Mark Kaelin(TechRepublic)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]