デルからDLPプロジェクタの新製品--WXGAワイドモデル「1609WX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは6月16日、同社初となるWXGA(1280×800)のワイドプロジェクタ「1609WX」を発表した。同社のオンライン・ストアにて同日より販売を開始する。価格は10万5000円となる。

 1609WXは「1800MP」の後継機種にあたり、WXGAの高解像度とワイド画面に対応している。2500ルーメンの高輝度と1900対1の高コントラスト比により、明るい部屋でも投影が可能だ。入力端子はDVI、Sビデオ、コンポジットビデオを備え、AV機器との接続もできる。

 高輝度を実現するDLPパネルに、発色力で定評のある「BrillirantColorテクノロジー」を採用し、自然で鮮やかな映像を再現するという。

 2.25kgのコンパクトボディに黒を基調としたスタイリッシュなデザインを採用。本体には8Wスピーカーも内蔵する。付属品としてリモコンやアダプタまで収納できる専用のキャリングケースが用意されている。

ワイドプロジェクタ「1609WX」 ワイドプロジェクタ「1609WX」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加