logo

IPからアクセス元の都道府県を判定する「ジオターゲティングAPI」--ブログパーツも提供

岩本有平(編集部)2008年05月29日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dayzは5月29日、ウェブサイトにアクセスしてきたユーザーの位置を判定するWebサービス「ジオターゲティングAPI」の提供を開始した。

 このサービスは、アクセス元のIPアドレス情報を同社が独自開発したデータベースで識別し、都道府県単位での位置情報を判別するというもの。アクセス元を判別することにより、地域属性に応じた広告やコンテンツの配信、アクセスログの解析が可能になるほか、アクセス地域を限定した動画配信などにも利用できるとしている。

 初期費用1万500円、月額費用3万1500円の最低6カ月契約で、月500万リクエストまでの解析が可能。また、1日500リクエストを上限として非商用サイトには無償で提供する。

ブログパーツのスクリーンショット ブログパーツのスクリーンショット

 またDayzでは今回のWebサービス提供にあわせて、位置情報に基づいて都道府県別のアクセス回数などをリアルタイムで表示するブログパーツを無償提供する。

 IPアドレスを地域情報と結びつけて提供するサービスは、サイバーエリアリサーチなども商用で提供しているほか、コンシュマー向けのサービスとしては「なかのひと」などがある。

 Dayzでは全国にあるルーターに対してネットワーク調査を実施するという独自方式を採用したことで、低コストでのサービスを提供を実現したとしている。

-PR-企画特集