[レビュー]世界最高峰のノイズキャンセリング機能--ボーズ「QuietComfort3」がトップに君臨する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOSE
内容:メーカー各社から続々と登場するノイズキャンセリング・ヘッドホン。だが、いまだにノイズキャンセリング・ヘッドホンというコンセプトを作り上げた、ボーズのヘッドホンを超える商品はなかなか登場しない。その圧倒的な実力はどこにあるのか?ノイズキャンセリング・ヘッドホンが乱立する今だからこそ、改めて検証することにした。

最高峰のノイズキャンセリング・ヘッドホンができるまで

 ノイズキャンセリング・ヘッドホンは、いまや完全に市民権を得ている。例えば、飛行機の中で周囲を見回すと、あるメーカーのヘッドホンを着けている人が何人もいることに気づくだろう。

 それが、ボーズが誇るQuietComfortシリーズ。圧倒的な人気を誇るノイズキャンセリング・ヘッドホンだ。QuietComfort2が発売されてから約5年、QuietComfort3が発売されてから約1年半が経つが、いまだにノイズキャンセリング・ヘッドホンの最高峰として広く認知されている。

  • 1989年には航空機用のヘッドセットを市販

 ボーズのノイズキャンセリング技術の歴史は古い。今から30年も前に、ボーズ社の創始者であるDr.ボーズがヨーロッパからアメリカへと帰る飛行機の中で、ノイズキャンセリング技術の基本コンセプトと、数学的な根拠を導き出したときからスタートしている。

 以降、永年の研究開発をへて、アメリカ空軍やF1レースのピットクルーなどに使用され、1989年には、航空機用アクティブ・ノイズキャンセリング・ヘッドセットを市販した。1999年には、アメリカン航空のエグゼクティブ・クラス向けのノイズキャンセリング・ヘッドホンとして採用。その性能の高さが話題を集めた。

 そして、ついに待望の民生用ノイズキャンセリング・ヘッドホンQuietComfortが2001年に登場した。当時、何度か試す機会があったが、ノイズキャンセリングの性能の高さは、現在流通しているノイズキャンセリング・ヘッドホンと比較してもトップクラスの能力があったと思う。

  • 2001年 QuietComfortシリーズが誕生

  • 2003年 QuietComfort2が登場

 初代のQuietComfortはバッテリー部やノイズキャンセリング回路が外付けだったが、2003年には、これらの部分をヘッドホンに内蔵したQuietComfort2が登場した。このモデルはヘッドホン業界のエポックメイキングな商品だ。当時は、ノイズキャンセリング・ヘッドホンを製造するメーカーは数社だけ。だが、クオリティは雲泥の差だった。商品サイクルが早い現代において、2003年に発売されたモデルがいまだにQuietComfort3と並んでノイズキャンセリング・ヘッドホンの最高峰として認められているのだから、いかに当時の衝撃がすさまじかったかが分かるだろう。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加