logo

ソニー、ホームシアターシステム2機種を発表--約70gの超小型スピーカーを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月21日、幅43mm、質量約70gというゴルフボール大の小型スピーカーを採用した5.1chホームシアターシステム「HT-IS100」と、幅800mmの長方形ボディにフロント、センタースピーカーを一体化した、3.1chホームシアターシステム「HT-CT100」を発表した。

 HT-IS100は6月25日、HT-CT100は7月15日より販売を開始する。いずれも価格はオープンだが、市場推定価格はHT-IS100が約9万円前後、HT-CT100が約5万円前後となっている。

 両機種ともに、独自のフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、音源の入力部から出力直前のスピーカー部まで、全工程でデジタル処理を施した。

 HDMI入力端子は3系統備え、Blu-rayレコーダーなどHD対応機器との接続が可能。また、HDMIケーブルで接続した対応機器をリモコン1つで簡単・快適に操作できる「ブラビアリンク」に対応し、薄型テレビ、ブラビアのリモコンのシアターボタンを押すだけで、テレビのスピーカーからHT-IS100またはHT-CT100へ音声が切り替わる。

 さらに自動でサウンドフィールドを切り替える「オートジャンルセレクター」を搭載し、EPG情報に応じて操作なしで最適なサウンド設定で番組を視聴できる。

 なお、HT-IS100には簡単操作で理想的なシアター音場に調整する自動音場補正機能「D.C.A.C.」を採用。付属のマイクロフォンをリスニングポジションに設置し測定することで、スピーカーの有無判定や各チャンネルの距離設定、音量補正により、スピーカーの設置場所に合わせた音場補正が自動で行える。D.C.A.C.により、スピーカーの位置がリスニングポジションからみて左右非対称であったり、音の到達距離が異なったとしても、バランスのとれたホームシアターを構築することが可能だ。

 一方HT-CT100には、デジタル音場処理により前方のスピーカーだけで3.1chサラウンド音声を再現する、独自の「S-Force Pro フロントサラウンド」を搭載した。

5.1chホームシアターシステム「HT-IS100」 5.1chホームシアターシステム「HT-IS100」
3.1chホームシアターシステム「HT-CT100」 3.1chホームシアターシステム「HT-CT100」

-PR-企画特集