ワコムと米イー・インク、書き込み可能な電子ペーパー開発キットを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワコム(山田正彦社長)と米イー・インク(Russell J.Wilcox社長兼CEO)は5月20日、共同開発した書き込み可能な次世代の電子ペーパー開発キット「Broadsheet AM300」を、米イー・インクから6月より提供開始すると発表した。

 「Broadsheet AM300」は、米イー・インクの電子ペーパーにワコムのペン入力センサーシステム「ワコム・ペナブルテクノロジー」を搭載した「ペンで書き込みができる電子ペーパー」開発キット。ディスプレイサイズは6インチで、表示したコンテンツに電子ペンで自由に書き込みができるほか、内容を消去することもできる。

 同キットは、20日-22日に米国ロサンゼルスで開催する「International Society for Information Display 2008」に出品する。

ワコム=http://www.wacom.co.jp/
米イー・インク=http://www.eink.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加