logo

Facebook創設者、Friend Connectをめぐりグーグルとの対話を望む

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月20日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は、GoogleによるFacebookのデータ使用をめぐる問題を解決するため、同社との話し合いを望んでいるという。InfoWorldが報じている。

 「われわれは、この件についてGoogleと話し合いを持ちたい。そして、うまく行く方法があるのかどうか検討したい」と、InfoWorldは5月19日に東京で行われたプレスカンファレンスでの同氏の発言を引用している。

 FacebookとGoogleは、GoogleのFriend Connectサービスをめぐって争っている。同サービスは、ウェブサイトにソーシャルネットワーキング機能を追加することを可能にする。Facebookは、GoogleのFriend Connectが、自社の利用規約に違反していると述べている。Googleはこの主張を否定し、さらに、同サービスを導入するための手引き書を公開している。

 Googleの問題は、同社がこのサービスをFacebookとの協議なしに開始したことにあり、「われわれは、自社プラットフォーム上の開発者向けに定義した規約に従うほかになく、われわれはそれに従っている」というZuckerberg氏の発言をInfoWorldは引用している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集