米ヤフー、取締役交代求めるC・アイカーン氏に「ノー」

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年05月16日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooは米国時間5月15日遅く、同社の取締役会を交代させようと画策しているCarl Icahn氏の動きに応える書簡を送付した。

 この書簡の内容を簡単に要約すると、Yahooの会長であるRoy Bostock氏はIcahn氏に「ノー」を突きつけたということだ。

 しかし、詳しい内容を知りたい読者もいると思うので、書簡の一部を以下に掲載する(ただし十数個の感嘆符は省いている)。

 Icahn様

 われわれは、Yahooの取締役会を支配したいというあなたの書簡を受け取った。

 残念ながら、あなたの書簡はMicrosoftの提案と、われわれの取締役会がその提案を相当な配慮をもって評価しそれに応答したという事実を甚だしく誤解したものである。公正な態度で事実に関する記録を検討すると、1つの結論が導き出される。9人の独立した取締役とYahooの最高経営責任者(CEO)であるJerry Yang氏で構成されるYahooの10人の取締役会は相変わらず、すべてのYahoo株主の価値を最大化するために最適かつ最も有能なグループであるということである。

 逆に言えば、あなたやあなたが選んだ候補者が、Yahooを買収することに以前は関心を持っていたが買収をあきらめたことを正式に発表した企業に対して、Yahooを強制的に売却するという明白な目的をもっている以上、あなたがたにYahooの運営を任せることはYahooの株主にとって最大の利益になるとは、われわれは考えていない。現在、その企業やその他のいかなる企業からも買収提案は一切なされていないことを思い起こしていただきたい。とはいうものの、われわれはMicrosoftを含めたあらゆる企業からの提案がわれわれの株主にとって十分かつ確実な利益をもたらすものであれば、それを検討する意思をこれまでも持っていたし、現在も持ち続けていることについては一点の曇りもない。

(中略)

 われわれは、Yahooの現取締役会が、急速に変化するインターネット環境でYahooの舵取りをしてYahooとその株主に価値を提供するための独立性、知識、献身を備えていると引き続き考えている。われわれは前向きな対話を期待している。

 敬具

 取締役会長Roy Bostock

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加