logo

ソーテック、人気ゲーム「モンスターハンター」推奨のノートPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーテックは4月28日、カプコンが提供する人気オンラインゲーム「モンスターハンターフロンティアオンライン」の「シーズン2.5 狩人たちの祭典」アップデートにあわせ、推奨モデルとしてハイパフォーマンスマイクロタワーPC「PC STATION PG9516P」と、フラッグシップノートPC「WinBook WG5516P」、「WinBook WG5516PB」(Office Personal 2007 SP1搭載モデル)の3モデルを発表した。

 ソーテック製品取扱店にて、5月2日より販売を開始する。市場想定価格は、PC STATION PG9516Pが15万9800円、WinBook WG5516Pが13万9800円、WinBook WG5516PBが15万9800円となる。

 PC STATION PG9516Pは、4つのプロセッサコアを備えたクアッドコアCPU インテル Core 2 Quad プロセッサ Q6600を搭載。さらに、デュアルチャネル対応4Gバイト DDR2メモリ、Serial ATA対応の大容量1Tバイト HDD(500Gバイト×2)を標準で搭載し、オンラインゲームや動画再生、ビデオエンコードなどでも快適に使用できる。

「PC STATION PG9516P」 ハイパフォーマンスマイクロタワーPC「PC STATION」

 また、オンラインゲームなどを美しく描画するビデオボード NVIDIA GeForce 8600 GT(256Mバイト DDR3)を搭載。高性能グラフィックスチップと高速大容量メモリにより、動画を滑らかに再生し、明瞭な画像を描き出すことが可能だ。

 WinBook WG5516PおよびWG5516PBには、45ナノメートルプロセスを採用したデュアルコアCPU インテル Core 2 Duo プロセッサ T8100に加え、次世代高速無線LAN規格IEEE802.11n ドラフトに準拠したインテル Wireless WiFi Link 4965AGNを搭載。インテル Centrino プロセッサ・テクノロジーに対応した。

「WinBook」 フラッグシップノートPC「WinBook」

 さらに、Microsoft DirectX 10 Shader Model 4.0対応のノートPC向けグラフィックカード NVIDIA GeForce 8600M GS(512Mバイト)や、デュアルチャネル対応2Gバイト DDR2メモリ、15.4型ワイド輝き液晶(1280×800ドット)を搭載し、ノートPCでありながら快適にオンラインゲームが楽しめるスペックを実現した。

 なお、今回の製品には、ゲーム内で使用可能なアイテム詰め合わせセットや、オリジナル特典防具が入手可能となるイベントコードを記載した挿入紙が同梱されている。イベントコードの使用により、ユーザーは特典を受けられる。

-PR-企画特集