logo

ケータイ基地局ベンダーの競争舞台は第3.9世代へ--ノキア・シーメンスもデモを披露 - 2/6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 デモに使用された基地局「LTE Flexi Multimode BTS」。GSMにも対応している。デモで使われた製品はベースとなるユニットを2つ組み合わせて使っている。通信速度は最大約80Mbps。ユニットは4つ組み合わせることも可能。複数アンテナを組み合わせる「MIMO」という技術を使い、送信アンテナと受信アンテナを2つずつにして、20MHz幅を利用した場合、速度は170Mbps程度まで高速化できるという。
Scroll Right Scroll Left

 デモに使用された基地局「LTE Flexi Multimode BTS」。GSMにも対応している。デモで使われた製品はベースとなるユニットを2つ組み合わせて使っている。通信速度は最大約80Mbps。ユニットは4つ組み合わせることも可能。複数アンテナを組み合わせる「MIMO」という技術を使い、送信アンテナと受信アンテナを2つずつにして、20MHz幅を利用した場合、速度は170Mbps程度まで高速化できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]