logo

米ヤフーCTOが語る「自己改革」--オープンでソーシャルなプラットフォームを目指す - (page 2)

文:Dan Farber(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年04月25日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「われわれは、新たにソーシャルネットワークを作ろうとしているわけではない。体験全体を再構成し、ソーシャルなものにしようとしているのだ。われわれは、ソーシャル化を目的ではなく、1つの側面ととらえている」とBalogh氏は語る。Yahooは、GoogleやMySpaceとともにOpenSocial Foundationに加盟している。OpenSocial Foundationは、ソーシャルアプリケーションを開発するための仕様を策定している非営利団体だ。

Yahooのトップページ、メールなど、多くのプロパティが変わる。 Yahooのトップページ、メールなど、多くのプロパティが変わる。
提供:Yahoo

 「今後、とてつもない創造力が発揮されるだろう(中略)すべては消費者のためだ。われわれは、開発者らがあらゆることをできるようにしたい。われわれに必要なのは、一貫した考えを持ち、最終的に複数の場所に配置可能な1つのアプリケーションを持ち、それを必要とされている場所に配置し、さらにデータを共有する方法と場所を選択することだ」(Balogh氏)

 Balogh氏によると、2008年内にYahoo体験の一大変革が開始されるという。Balogh氏が「Y!Open」と呼ぶ同プロジェクトの初期版には、ソーシャルグラフや開発者向けツール、さらにイベントの流れを管理できるフィード(Balogh氏は「Vitality」と呼んでいる)などが含まれる。

 Y!Openは、野心的なYahoo再生計画であり、同社のサービスの中核に、強力な普及力とユーザーを引きつける魅力のあるソーシャル的側面を注入する手段でもある。たとえMicrosoftがYahooの決算を見て買収価格を引き上げる気にならなくても、恐らくこの変革計画を見れば引き上げる気になるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]