logo

富士通、セキュリティ対策を施したHDDを発表--暗号化方式AES 256ビットに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は4月21日、PCおよび外付けストレージ製品などの盗難や紛失時などのデータセキュリティ対策として、データを自動的に暗号化しディスク上に記録するハードディスクドライブ(HDD)「MHZ2 CJ」シリーズを発表した。容量は320Gバイトで、2.5型となる。業界最高速の毎分7200回転で大容量のシリアルATA 3.0Gbit/sインターフェースに対応する。5月末より販売を開始する。

 MHZ2 CJシリーズは、暗号化方式AESの256ビット鍵長を採用した最高水準のもの。HDD内のAES暗号回路を使ってデータを自動的に暗号化し、ディスク上に記録するため、従来のBIOSパスワード設定やソフトウェアによる暗号化に比べ、強固な鍵管理と高いシステムパフォーマンスを実現する。同社によるとHDDへの暗号化方式AESの対応は世界初という。

 また、HDD内に記録された全データを1秒以下で完全に無効化する「データ瞬間無効化機能」を備え、PC廃却時のデータ消去作業に必要であった膨大な時間とコストが不要となる。個人情報を扱う公的機関や企業などのTCO削減に貢献する。

MHZ2 CJ 富士通「MHZ2 CJ」

-PR-企画特集