logo

ヤマハ、コンパクトな5.1chサラウンドのホームシアターシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ(梅村充社長)は4月17日、小型の5.1chホームシアターシステム「シネマステーション・ミニ」シリーズの新型「TSS-20」を、5月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 縦型のアンプユニットとヤマハ独自の低音再生技術「YST」を採用したキューブ型のサブウーハー、小型スピーカー5台からなる7ユニット構成の5.1ch ホームシアターシステムで、総出力は合計48W。「フロントバーチャルボタン」をアンプ部前面に備え、5.1chと3.1chバーチャルサラウンドをワンタッチで切り替えることができる。3.1chでの再生時も、リアのスピーカーをフロントスピーカーと重ねて5台のスピーカーを生かしたサウンドを実現する。

 ヤマハ独自の技術で音場を作り出す「シネマDSP」を搭載し、「ムービー」「ミュージック」「ゲーム」「テレビ」4種類のサウンドプログラムから、シーンに適したサウンドを再現する。そのほか、ヘッドホンで5.1chサラウンドを再現できる「サイレントシネマ」モード、低音量でもセリフや音の迫力を維持できる「ナイトリスニングモード」モードを搭載する。

 アンプユニット前面には、ステレオミニ端子を1基、背面にはアナログ入力端子を1基と光デジタル音声入力を2系統を持ち、複数の機器を同時に接続できる。サイズと重さは、アンプユニットが幅102×奥行き190×高さ260mmで、重さは1.6kg。サブウーハーが幅220×奥行き220×高さ239mmで重さが3.4kg。スピーカーユニットは1つあたり幅70×奥行き110×高さ91mmで重さが0.4kg。カード型のリモコンを付属する。

ヤマハ=http://www.yamaha.co.jp/

-PR-企画特集