デザインから見るデジタルプロダクツ--第12回:三洋電機「Xacti DMX-CG9」デジタルムービーカメラ - (page 3)

インタビュー・文:山口優2008年04月18日 18時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ハードだけどソフト”を両立させる絶妙のバランス

--ほかに、デザインするときにこだわられた部分はありますか?

田島 「女性らしさ」や「やわらかさ」といったことをコンセプトにしてはいますが、一方で光学機器としての「精密さ」をどこかで表現したいと考えていました。そこで、ヒンジ部分にメッキをポイントで入れたり、レンズ周りに金属素材を使ったりして、精密さや品位を表すようにしています。

ヒンジ部やレンズ周りに金属 ヒンジ部やレンズ周りに金属の質感を入れることによって、やわらかいデザインの中に精密さを表現している

 ただ、それは、ある意味「やわらかさ」とは相反する部分です。だから、どこにそうしたハードな部分を残すのかについては、けっこう頭を悩ませました。そこで、いくつもモックをつくって、全体の印象や手に持ったときの感じを確かめながら、最終的な形に詰めていきました。

 また、Xactiは面の構成が独特で、可動部分も一般的なカメラに比べて多くなっています。そのためデザイン的な難易度も高いのですが、それは逆に特徴を表しやすいということでもあるんです。

 たとえば、ふつうのデジタルカメラの場合は、人の目に触れるのは正面だけであることがほとんどですよね。でもXactiの場合はいろんな角度から見られる可能性があります。しかも液晶部分が開閉します。そのため、製品にいろんな表情を持たせられるんです。そこで、どういう状態で見てもかわいくなるように細部を作り込んでいます。

塩路 可動部分が多いということで、堅牢性を高める必要もありました。そのため、どのくらいの強度を見込んでデザインするのかということを、設計者と詰めながら進めていましたね。

田島 たとえば、パネル部分は0.1mm単位で厚みを調整しています。また、ヒンジと本体の接触部分は、パネルを開閉したときにこすれて傷がつかないようにレールをつけています。ほかにも、パネルを閉じたときに衝撃を和らげるため、クッションのゴムなどをつけているんですが、そうしたパーツがデザイン的なアクセントになるよう工夫しています。

デザインモックアップ デザイン案のモックアップ。人工的に木材のような性質を持つケミカルウッドを用いて、デザイナー自身が削って作り上げていくという
デザインモックアップほぼ完成 ほぼ完成形に近いデザインモックアップ。ここまで来ると専用の業者に頼んで製品版に近いものを作成してもらうとのこと

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]