logo

JASRAC、ニコニコ動画の「歌ってみた」にお墨付き--楽曲利用許諾契約を締結

永井美智子(編集部)2008年04月01日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニワンゴは4月1日、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が管理する楽曲について、利用許諾を得たことを明らかにした。

 これによりユーザーは、JASRAC管理楽曲を演奏したり、歌ったりした動画を「ニコニコ動画(SP1)」および動画投稿サービス「SMILEVIDEO」に投稿できるようになる。ただし、アーティスト(実演家)が演奏している曲や映像については、レコード会社や実演家の許可がない限り投稿できない。

 ニワンゴではニコニコ動画に投稿された動画が著作権を侵していた場合、著作権者の申し立てに応じてその動画を削除している。今回のJASRACとの提携により、JASRAC管理楽曲で、かつ著作権者の権利を侵害していないものであれば動画は削除されないことになる。

 契約内容については、ニワンゴがニコニコ動画から得た売り上げの1.875%をJASRACに支払うことで合意したとのことだ。

 動画共有サイトは、著作権者の許可を得ていない動画が多数投稿されていることが問題視されており、動画共有サイト運営各社は、著作権管理団体との契約を急いでいる。「Yahoo! Japan」を運営するヤフーや「eyeVio」を運営するソニーはJASRACと、YouTubeを運営するグーグルはジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と、それぞれ楽曲の利用許諾契約を結んでいる。

 なお、ニコニコ動画は4月1日のエープリールフールに合わせて、サービス名を「ニコニコ動画2.0 (笑)」としている。今回のJASRACとの契約については、エープリールフールのネタではないとのことだ。

-PR-企画特集