logo

NECと東大、クチコミに着目したサービス普及のシミュレーション技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECと東京大学は3月31日、サービスの普及過程で、人と人との相互作用を分析してモデル化することで、サービス普及のシミュレーションが行える技術を開発したと発表した。

 今回、NECと東大ではサービスに対する消費者の行動分析で、特にクチコミに代表されるコミュニケーションに着目。共同で研究を進めること集団的な消費者の行動分析ができるようにした。

 具体的には、人々の社会的な繋がりに特徴が類似した構造を、数学モデルでコンピュータ上に再現する技術を開発。クチコミ効果の消費者タイプ別の影響力をスノーボールサンプリングアンケートで調査・モデル化する方法を作り出した。また、購買に至るまでの心理的な段階の変化を可視化するシミュレーターも開発した。

 研究は、東京大学大学院人文社会系研究科が社会心理学的知見に基づいた消費者行動の分析、NECサービスプラットフォーム研究所が消費者行動シミュレーションを担当した。

-PR-企画特集