次世代DVD、2つの規格で「いたずらに消費者を混乱させた」の意見が半数に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読売新聞とNTTレゾナントは、ウェブリサーチサービス「gooリサーチ」を利用した次世代DVDに関するアンケートを共同で実施し、結果を発表した。

 調査によると、これまで2つの規格があったことについて「両規格に互換性がなく、いたずらに消費者を混乱させた」と回答した人が51%を占めた。Blu-ray方式に統一されることについては、「早く低価格化を進めて欲しい(41%)」や「あらかじめ規格を統一してから製品開発すべきだった(40%)」、「規格争いが早期収拾したので良かった(39%)」などの意見が多かった。

 また、家庭で所有している録音・再生機について聞いたところ、「ビデオデッキ(68%)」が最も多く、次いで「DVDレコーダー・プレーヤー(51.2%)」、「HDD/DVDレコーダー(38.0%)」と続く。次世代DVD(HD−DVD方式)は3.7%、次世代DVD(ブルーレイ方式)は3.6%と所有比率はほぼ同じだった。

  調査は3月上旬に実施したもの。有効回答数は1085人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加