logo

三菱電機、「REALブルーレイ」でBlu-rayレコーダー市場に参入

加納恵(編集部)2008年03月18日 19時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は3月18日、同社初となるBlu-rayレコーダー「REALブルーレイ」を発表した。HDDとBlu-rayディスクドライブを内蔵したハイブリッドレコーダーとなる。価格はオープン。発売は5月24日より。従来のデジタルレコーダー「楽レコ」から、ブランド名を「REAL」へと改めての参入となった。

 REALブルーレイは、500GバイトのHDDを採用した「DVR-BZ200」と250GバイトのHDDを採用した「DVR-BZ100」の2モデル。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基、地上アナログチューナーを1基搭載し、デジタル放送のダブル録画にも対応する。

「液晶グット楽リモコン」 タッチパネル採用の「液晶グット楽リモコン」

 MPEG-4 AVC/H.264映像圧縮方式の採用により、フルハイビジョン映像の長時間記録を実現。500GバイトのHDDを搭載するBZ200には、AEモード(ビットレート:8.6Mbps)で最長約189時間のハイビジョン録画が可能だ。AVCREC機能も備えているため、ハイビジョン画質のままDVDにダビング保存することもできる。

 また、操作の簡易化を図るため、各社が積極的に採用しているかんたんリモコンには、業界初となる液晶タッチパネルの「液晶グット楽リモコン」を同梱。「予約する」「再生する」「テレビを見る」など、各操作ごとに必要なボタンのみを表示させられる。

 デジタルレコーダー「楽レコ」で培った、CMスキップ機能「オートカットi」や、スポーツ番組のハイライトシーンだけを視聴できる「ハイライト再生」、好みの番組を自動的に録画する「おすすめ自動録画」機能など、オリジナリティのある多彩な機能はそのまま踏襲している。

  • DVR-BZ200(HDD:500GB、店頭想定売価:20万円前後)
  • DVR-BZ100(HDD:250GB、店頭想定売価:16万円前後)

 REALブルーレイと合わせて、「REAL DVDレコーダー」も同時に発売される。HDD&DVDのハイブリッドタイプで「DVR-DW200」(HDD:500GB)と「DVR-DW100」(HDD:250GB)の2機種がラインアップ。Blu-rayモデル同様、AVCREC規格に対応しているため、DVDへのハイビジョン録画にも対応する。ダブルリモコンを同梱するが、こちらはボタン数を抑えた「グット楽リモコン」の付属となる。

 REALブルーレイ、REAL DVDレコーダーともにデジタルコンテンツダビングの新規格「ダビング10」(コピー9回+ムーブ1回)に対応しており、「ダビング10番組」の放送開始に合わせ、放送波を通じてバージョンアップされる予定だ。

  • DVR-DW200(HDD:500GB、店頭想定売価:12万円前後)
  • DVR-DW100(HDD:250GB、店頭想定売価:9万円前後)
「REALブルーレイ」 三菱電機「REALブルーレイ」

-PR-企画特集