logo

ニコニコ動画が共有するのは動画よりも「感情」--ニワンゴ杉本社長 - (page 2)

永井美智子(編集部)2008年03月14日 15時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube、GyaOを大きく引き離す平均視聴時間

 ニコニコ動画が注目される理由の1つに、ユーザー1人あたりの利用時間の長さが挙げられる。ビデオリサーチの調査によると「ニコニコ動画の利用の多さは、(グーグルが運営する動画共有サイト)YouTubeの2〜3倍」という。

 例えばユーザー1人あたりの1カ月のサイト平均接触回数はニコニコ動画が10.6回であるのに対してYouTubeは5.7回、平均視聴ページ数は228ページに対して74ページ、平均滞在時間は3時間57分に対して1時間11分(いずれも2007年12月)と、大きな差がある。特に平均滞在時間については、YouTubeのほかUSENが運営する「GyaO」と比較しても、「その差は広がっている」という。

080314_nico.jpg ニコニコ動画の平均滞在時間をYouTubeやGyaOと比較した様子

 ニコニコ動画はYouTubeに比べてコミュニティ色が濃く、ユーザーは動画を見て楽しむというよりも、コメントをしあうなどして「参加して楽しむ」傾向が強い。これが滞在時間の長さにつながっていると分析した。

 ニコニコ動画でユーザーが投稿した動画が、商品化されるケースも増えている。猫が土鍋の中で眠る「ねこ鍋」は多くのテレビ番組などでも紹介され、DVDや書籍として販売されている。また、「歌ってみた」というカテゴリで人気を集めたユーザーが、実際にCDを出す例もある。3月5日に販売されたシングルCD「ランティス組曲 feat.Nico Nico Artists」は、ニコニコ動画で人気の歌い手が集まって曲をリリースしたもので、3月17日付けのオリコン週間チャートでは初登場17位にランクインした。

 杉本氏は「ニコニコ動画は単なる動画共有サービスではなく、いろいろな人を輩出するクリエイティブの場になっている」と話す。今後についても「ほかの動画共有サービスが行く方向とはちがう、あさっての方向を目指している。他社が目指しているものは、ユーザーが本当に求めているものなのだろうか。もっと違う楽しさを演出していきたい」として、あくまでも独自性を追求していく考えを示した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]