地デジ普及世帯、北京五輪までに5割--総務省が計画書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は、地上デジタル放送の普及世帯数の目標値などを盛り込んだ計画書「2011年完全デジタル化に向けて〜実現のための課題と方策〜」をまとめた。

 計画書は、2月7日に開かれた、デジタル放送推進協会の総会で公開。計画書によると、地上デジタル放送の普及目標は、2008年の北京オリンピック終了までに約2400万世帯、約3600万台。さらに、2011年4月までに全世帯にあたる5000万世帯、2011年7月までに1億台の普及を見込んでいる。

 一方、地上デジタル放送の普及の現状は、2007年3月末時点で世帯数は約1400万世帯、同年10月時点で台数は約2725万台と報告されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加