logo

ソニー、有機ELパネルの大画面化と高精細化に向けて220億円の設備投資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、有機ELパネル事業に約220億円の設備投資を行い、中大型有機ELパネルの生産技術確立を目指した技術開発を行うと発表した。

 ソニーでは、1994年から有機ELの研究を開始し、07年12月には、自社開発の有機ELパネル「オーガニックパネル」を搭載した世界初の有機ELテレビ「XEL−1」を発売した。今回、有機ELパネルのさらなる大型化や高精細化を進めるため、08年度下半期から設備投資を行うことを決定した。ソニーモバイルディスプレイ東浦事業所(愛知県知多郡東浦町)において、TFT工程からEL成膜工程の有機ELパネル生産設備を増強し、09年度に生産技術確立を目指す予定。

-PR-企画特集