ファストサーチCEO、マイクロソフトによる買収提案の背景を説明

藤本京子(編集部)2008年02月19日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fast Search & Transfer主催のイベント「FASTforward '08」が2月18日、米フロリダ州にて開幕した。参加者は33カ国から集まっており、イベントの登録者数は前年度の同イベントより25%増えて1500人以上にのぼった。

 FastでCEOを務めるJohn Markus Lervik氏は、海外からの参加者に向けた講演にて、Microsoftが同社に買収提案している件についてコメントした。Lervik氏は、「FastとMicrosoftはエンタープライズサーチに対して同じビジョンを持っている。両社の技術を組み合わせることで、顧客のニーズに対して幅広いソリューションが提供できるようになる」としている。

Lervik氏 Fast Search & TransferのCEO、John Markus Lervik氏

 また、ノルウェーを拠点とするFastを買収することで、「Microsoftがヨーロッパの顧客層を拡大するきっかけともなる」と述べ、買収が市場拡大にもつながることを説明した。

 製品の方向性についてLervik氏は、「Fast ESPは、今後も単独のサーチプラットフォームとして提供し続ける」としている。ただし、同時に「MicrosoftのSharepoint Serverを機能拡張するため、同製品との統合も進める」とも述べている。

 買収が成立した後も、FastはMicrosoftの子会社として運営していく予定だ。Lervik氏は、「イノベーションのスピードはこれまで通りだ。顧客やパートナーと協力し、迅速にイノベーションを進めたい」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加