au、「W54SA」と「W61K」を2月7日より発売

松田真理(マイカ)2008年02月06日 19時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは2月7日より、三洋電機製「W54SA」、京セラ製「W61K」を販売することを発表した。

 W54SAは、漆器の小箱をイメージした携帯電話で「非日常な和」を表現している。3インチワイドVGA IPS液晶によって、2画面表示時でも細かい文字がはっきり表示できる。KDDIの統合プラットフォーム「KCP+」を搭載し、LISMOとソニーのオーディオ機器が連携するLISMO「オーディオ機器連携」に対応した。カラーは、山吹、黒紅梅、白雪の3種類。

 W61Kは、本体が約47mm×99mm×17.8mmという、女性の手にぴったり収まるコンパクトサイズ。フロントパネル部分には、U字に光るカービングイルミネーションを採用。フレンドリーデザインに対応し、でか文字やキーの押しやすさにこだわった。カラーは、セレニティーピンク、グリマーホワイト、バーニッシュブラックの3種類。

kddi 左:W54SA 右:W61K
  • このエントリーをはてなブックマークに追加