logo

3Di、仮想空間「Jin-sei」でVoIPおよびSIPを活用した音声通信に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ngi groupの100%子会社である3Diは2月5日、同社がオープンソースをベースに開発した仮想空間プラットフォーム「Jin-sei」で、VoIPおよびSIPを活用した音声通信に成功したと発表した。

 VoIPは、インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術。またSIPは、VoIPを応用したインターネット電話などで用いられる通話制御プロトコルの1つ。

 3Diは、独自ブランドでの仮想空間運営を希望する企業や団体などに向けて、プラットフォームのOEM提供を行うBtoBソリューションモデルのビジネス展開に取り組んでいる。

 今回の取り組みは、仮想空間におけるVoIPおよびSIPの技術をベースにした音声通信機能のサービス実用化を目的としたもので、ソリューションパッケージの拡充の一環として行われた。

 今後は、IPセントレックスやモバイルセントレックスなどのサービスへの展開や、他のデバイスとの接続を視野に入れた音声サービス機能の実装と実用化に向けた取り組みを行うとしている。

-PR-企画特集