logo

[レビュー]話題の199ドルモバイルPCを使いこなせ--ASUSTeK 「Eee PC 4G-X」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUSTeK
EeePC4G-X
内容:2007年のCOMPUTEX TAIPEI 2007にて199ドルPCとして発表された、ASUSの低価格ノートPC「Eee PC」。日本の標準仕様は4GバイトのSSDに512Mバイトメモリ、Windows XP Home Editionを搭載し、4万9800円で登場した。モバイルPCとしては驚く価格だが、HDDにかわりSSDの搭載や1kgを切る重量など、ただ安いだけではないものに仕上がっている。

Windows XPを搭載して199ドル→49800円に

  • 「Eee PC」(Eee PC 4G-X)。カラーはパールホワイト

 199ドルPCといっても、発表時のコンセプトであって実際に199ドルで売られているわけではなく、構成によってさらに高い価格で売られている。専用アプリケーションの入ったLinux OSを搭載したモデルが400ドル程度で市販される国もある中で、日本ではOSにWindows XP Home Editionを搭載したほか、外部メモリとしてさらに4GバイトのSDHCメモリカードが付属して4万9800円という価格で登場した。

 4万9800円という価格は衝撃的のように見えるが、いまならワイドXGA画面を搭載した低価格ノートPCは5万9800円前後で入手できる。4GバイトのSSDの搭載や無線LAN、1kgを切る重量などに魅力を感じなければ、決して使いやすいとはいえず、制約の多いモバイルノートPCになってしまう可能性もある。

  • 天面はパールホワイトで塗られ、塗装の質感も高い。ASUSの文字はシルバー仕上げ

  • 手前から見ると、マウスクリックのシルバーがアクセントになる

  • 背面にはACアダプター接続のジャックがあるのみ

  • 左側面には有線LAN、USBポート、ヘッドホン、マイクがある。このスリットからは内部の熱が排出される

  • 右側面にはSDHC対応のSDメモリカードリーダー/ライター、USBポート、外部VGAとセキュリティロック用の穴

  • キーボードは日本語用。省スペースタイプで右端のキーの横幅が小さい。それでも不自然な配置にはなっていない

  • 付属品はACアダプター、コンパクトな光学マウス、ソフトケース

  • 外箱は小さく、ショップでは紙袋に入れてくれるサイズ。電車での持ち帰りにも苦労はない

  • 説明書は、LAN接続について記載されている

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集