logo

ソニー、有効2481万画素のデジタル一眼レフカメラ向けCMOSイメージセンサーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月30日、デジタル一眼レフカメラ向けに高速・高画質なCMOSイメージ センサーを開発、本年中に量産する予定と発表した。

 今回開発したCMOSイメージセンサーは独自の回路設計技術に加え平坦化技術な どの製造技術により、35mmフルサイズ(対角43.3mm/2.7型)で有効2481万画素を実 現した。さらに列並列A/D変換方式の採用により、アナログ伝送中に混入するノイズ による画質の劣化を抑え、高速読み出しを可能にしたという。

 総画素数は約2572万画素、実効画素数は約2473万画素、チップサイズは41.0mm ×31.9mm。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]