logo

ソニー、非接触ICカードリーダー/ライター「FeliCaポート」の累計出荷500万台を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月28日、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」のICカードやおサイフケータイを読み書きできるリーダー/ライター「FeliCaポート」の累計出荷500万台を同日に達成したと発表した。

 FeliCaポートには、パソコンにUSB接続する「PaSoRi(パソリ)」や、ノートPCやデスクトップPC本体に内蔵されるタイプなどがある。

 FeliCaポートに対応した各種アプリケーション・ソフトにより、フェリカ技術対応のICカードやおサイフケータイをかざすことで、電子マネー「Edy」の残高照会や入金、ネットショッピングなどの決済、交通乗車券「Suica」や「ICOCA」などの残高・履歴の確認を行うことが可能だ。

 また、業務用途、個人用途問わず、PCのログイン認証やネットワーク認証、ファイルの暗号化、ID/パスワードの自動入力、ロックされたスクリーンセーバーの解除などの機能を利用できる。

 ソニーでは、パソリの出荷を2001年秋より開始しており、PC内蔵タイプについては、2005年の春モデルから国内出荷されるすべてのVAIOに搭載している。また、PCメーカー各社からもFeliCaポート搭載のPCが販売され、FeliCaポート搭載機器の拡大により、PCでもカードや携帯電話を“かざす”だけの簡単、便利、安全なサービスが広がりをみせている。

 駅の改札口や店舗などのリアルな場でも、フェリカ技術をベースとした各種サービスが展開されている。

-PR-企画特集