楽天市場の決済プロセスがクレジットカード業界の情報セキュリティ基準に完全準拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は1月10日、インターネットショッピングモール「楽天市場」の決済プロセスが、クレジットカード業界における情報セキュリティ基準「PCIDSS」に完全準拠したと発表した。

 PCIDSSは、クレジットカードのアカウント情報や取引情報を保護するため、クレジットカードの国際ブランドであるVISA、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの5社が共通して採用する情報セキュリティ基準。

 楽天では、PCIDSS準拠の認定を受けるにあたり、ビザ・インターナショナルの診断プログラム「アカウント情報セキュリティ(AIS)」に基づく手順により、外部認定機関であるBSIマネジメントシステム ジャパンの監査を受けた。その結果、同社から、楽天市場の決済プロセスがPCIDSSに完全準拠しているとの確認を得たという。

 楽天が受けた監査内容は、AISの中で最も厳しい大型加盟店を対象とした「レベル1」の加盟店向けのもので、EC業界で初めてのPCIDSS完全準拠となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加