レノボ、Linuxベースのハンドヘルド機をCESに参考出品

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉2008年01月10日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--筆者が先日、Lenovoの報道陣向け夕食会に出かけたときのことだ。ふと見ると、Lenovoが「2008 International CES」での披露を予定しているユーザーフレンドリーな新しいノートPC「IdeaPad」3台の隣に、正体不明のハンドヘルド機がさりげなく置かれている。

前面 提供:Lenovo

 この機器の詳細な仕様については、その場にいた人は誰一人、Lenovoの広報担当者でさえも教えてくれなかった。彼らから聞けたのは、それがLenovoの本拠地、中国の市場で手に入るということだけだ。しかし、CESの会場で撮影されたこのビデオでは、もう少し具体的に説明されていて、Linuxを実行し、Intelの45ナノメートル製造プロセスによるプロセッサを搭載するという。

前面 提供:Lenovo

 筆者の見たところ、ハンドヘルド機にしてはやや大きめの感じがするものの、魅力的な機能を多数備えている。GPS、音楽再生、ウェブ閲覧、カメラのほか、メニューの深層からアクセスできる機能がまだいくつかありそうだった。残念ながら時間が足りなくて、メニューをくまなく調べることができなかったのだ。

 これが近いうちに北米市場でリリースされる計画があるかどうかについても、コメントは得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加