松下から世界初の「おまかせ顔認識」付きフルHDビデオカメラ

エースラッシュ2008年01月09日 19時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は1月9日、人物の顔を検出し自動補正を行う「おまかせ顔認識」付きのデジタルHDビデオカメラ2機種を、1月25日より発売すると発表した。

 今回発売されるのは、高画質とコンパクト化を両立したフルHDビデオカメラ「HDC-SD9」と「HDC-HS9」だ。いずれも、新世代システムLSI「新UniPhier」によりMPEG-4 AVC/H.264の新コーデック技術採用とLSIの集約を実現し、小型ながら1920×1080画素のフルHD記録に対応。

 また、動画撮影時に人物の顔を検出し適切な自動補正を行う世界初の「おまかせ顔認識」も搭載している。HDC-SD9は記録メディアにSDカードを採用し本体重量を約275gに抑えたコンパクトタイプ、HDC-HS9は60GバイトのHDDとSDカードの両方に記録できる長時間記録タイプとなっている。HDC-HS9では、HDDとSDカード間でハイビジョン映像のダビングも可能だ。

 主な機能としては、液晶モニタを開くと約0.6秒で撮影スタンバイ状態になるクイックスタート、約3秒間の映像をさかのぼって記録する「プリREC」、35mm換算で42.9〜429.0mmの光学10倍ズーム、2.1メガ(1920×1080画素)の静止画記録、約170度の広視野角を実現した「ワイドビュー液晶モニター」、シーンの分割削除が可能な本体編集機能、肌色をなめらかに撮る「美肌モード」などを搭載。映像管理再生ソフトとして「HD Writer 2.5J for HDC」も付属している。

 いずれもカラーはシルバーのみで、価格はオープンだが、両機種ともに予想実勢価格は13万円前後の見込み。月産台数はHDC-SD9が1万2000台、HDC-HS9が1万台を予定しているという。

HDC-HS9(左)、 HDC-SD9(右) パナソニック「HDC-HS9」(左)、「HDC-SD9」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加