工人舎、世界最小・最軽量の光学ドライブ搭載モバイルノートを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は1月8日、KOHJINSHAコンパクトモバイルノートPCにおいて、従来の「SAシリーズ」および「SHシリーズ」に加え、新たに光学ドライブを搭載した上位機種「SRシリーズ」を発表した。

 Office搭載モデルやホワイトカラーモデルなど合わせて、全4モデルを展開し、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラの主要店および、工人舎ウェブサイトにて1月18日より順次発売を開始する。

 SRシリーズは、従来のシリーズにはなかったDVDスーパーマルチドライブを初めて搭載した。光学ドライブ付きモバイルノートPCとしては、世界最小最軽量のサイズ・重量を実現している(工人舎調べ)。

080108_koujinsha.jpgSRシリーズ ブラックカラーモデル

 CPUにはIntel processor A110(800MHz)を採用。さらに、低消費電力、低発熱が特長の1.8インチHDDを搭載することで、約4時間のバッテリー駆動時間を実現した。

 液晶ディスプレイは解像度1024×600、タッチスクリーン付き回転7型ワイドディスプレイで、従来のシリーズと同じカーナビ用液晶ディスプレイを採用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加