logo

[レビュー]ワンセグ&防水でどこでも持ち歩けるテレビ--三洋電機「LVT-WD40」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三洋電機
内容:三洋電機から登場した「LVT-WD40」は、ビデオカメラXactiライクな防水仕様と充電池eneloopを彷彿させる白いボディを持つワンセグ防水テレビだ。アウトドア以上に需要が見込まれるお風呂テレビの最新モデルをレビューした。

連続7時間の長時間視聴がOK

  • 受信状況を良くするアンテナ。磁石付きなので、スチール製の棚などに固定しておくことができる

 電波が入りにくい場所ではマグネット付きのテレビアンテナを使用すれば、受信環境を良くすることができる。とはいっても、多少良くなる程度なので、過信しすぎないようにしよう。

 ちなみに、関東圏の中でワンセグの電波がもっとも弱いとされている横浜に住んでいる筆者はアンテナをつけても室内での視聴はできなかった。もちろん、バスルームでの視聴などもってのほか。都心部の電波の強い場所では状況も変わると思うが、バスルームでの視聴ができるかは微妙なところだ。

  • アンテナとヘッドホンのジャック。水中に入っても大丈夫なように、しっかり保護されている

 一度、ワンセグ付きのケータイで試してみた方が良さそうだ。 録画機能が搭載されていれば、ほかの部屋で録画した番組をバスルームで視聴するという使い方もできるのだが……。

 電池は、連続視聴で7時間と長時間視聴ができるスタミナバッテリだ。充電時間は半分の3時間半と短いのもうれしいところ。通話のためのバッテリ残量を気にして長時間視聴できないケータイと違い、思う存分見ることができる。

 電源スイッチの横には、画面輝度を変えられるスイッチを搭載している。電車の中など、差し込む日差しで画面が真っ白になってしまった経験がある人は多いと思うが、そんな場面でも、明るさを強化すれば見やすくできる。逆に暗い場所であれば、輝度を下げ、バッテリ持ちをよくすることも可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]