[レビュー]変わらないことを望まれた最新デジカメ--リコー「GR Digital II」 - (page 2)

礒村 浩一 (Isopy)2007年12月18日 00時18分
リコー
内容:リコーから発売された「GR DigitalII」は前機種「GR Digital」が進化した最新型コンパクトデジタルカメラだ。しかしその見た目は驚くほど変化のないものとなっている。だがこの「変わらなさ」こそがリコーが目指したものだと言う。そこでこの「GR DigitalII」を実際に使用し、前機種から引き継いだ「変わらなさ」と最新デジカメである「変わった」ところを検証してみたい。
  • 「ADJ.モード」には4種類までのモードを選んで登録できる。頻繁に使用する設定を登録すると便利だ

 GRD1ではダイヤル式だった「ADJ.」操作が左右スイング式の「ADJ.レバー」へと変更された。また設定確定も「ADJ.レバー」をプッシュすると可能となった。GRD1では「ADJ.モード」を使用した設定変更は、「ADJ.ダイヤルを押す、回す→上下ボタンで設定変更→MENU/OKボタンで確定」と3つのダイヤル&ボタンを操作する必要があったのだが、GRD2では「ADJ.レバーを押す、スイング→上下ボタンで設定変更→ADJ.レバーを押して確定」と2つのレバー&ボタンで操作できる。

 言葉で説明すると大した差がないように感じるかもしれないが、実際に操作をしてみると実に快適なのである。たった1アクションの違いなのだが、片手で持った状態で、親指を大きく持ち変えることなく操作が可能というのがとても良い。ダイヤルからスイング式になった点も親指をいちいちレバーから離すこともなく操作性に優れている。

  • 露出補正画面

  • WB設定画面

  • ISO感度設定画面

 GRD2では背面液晶が格段にキレイになったのも大きな進化だ。サイズこそGRD1の2.5型からGRD2の2.7型へと僅かな変化ではあるが、コントラストも高く発色も良く自然となった。特に評価したいのは白黒モードでの液晶画面の黒の締まりがとても良くなったことだ。GRD1の白黒画面では黒が締まりきらずに若干青味を帯びたような黒になっていた。

  • 液晶画面は2.7型約23万画素TFT液晶。GRD1に較べコントラストも高く屋外でも見易くなった

 もっともGRD1においても撮影された白黒画像は十分に締まりのある画像だ。しかし撮影直後に見るのは液晶画面であるわけだから、なんだか締まりのない白黒の画像では気持ちもよくない。その点でもこのGRD2での液晶画面の進化はとても嬉しい。写真を撮る楽しみに直結する進化だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]