[レビュー]変わらないことを望まれた最新デジカメ--リコー「GR Digital II」

礒村 浩一 (Isopy)2007年12月18日 00時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リコー
内容:リコーから発売された「GR DigitalII」は前機種「GR Digital」が進化した最新型コンパクトデジタルカメラだ。しかしその見た目は驚くほど変化のないものとなっている。だがこの「変わらなさ」こそがリコーが目指したものだと言う。そこでこの「GR DigitalII」を実際に使用し、前機種から引き継いだ「変わらなさ」と最新デジカメである「変わった」ところを検証してみたい。

GRD1から正しくブラッシュアップされたGRD2

  • 右がGRD1で左がGRD2 その外観に差異ほほとんどない。GRのロゴまでも同じ。GRD1にはあったAFセンサー窓がGRD2ではなくされているが、CCD面でのAF精度が向上したことにより撤廃することができたという

 筆者が今回リコーから新しく発売された「GR Digital II」(以下GRD2)を初めて手にした時、あまりにも前機種である「GR Digital」(以下GRD1)と変わりがないことに正直驚いてしまった。見た目も大きさも重さも触感もほとんど同じ。GRのロゴまでも同じであるのだ。おそらく不意に見せられたとしたら、どっちがどっち?と瞬時には判別することはできないことだろう。外寸はGRD1&2ともにW107xD25xH58mmと寸分違わず、質量がGRD1よりGRD2の方が約2g軽くなっているだけである(約168g バッテリー、SDカード含まず)。

 その少ない外観変更の中での違いを挙げるならば、GRD1のカメラ前面、AF補助光窓の横にあった外部AFセンサー窓がGRD2ではなくなっている。また背面液晶がGRD1では2.5型約21万画素TFTだったのが、GRD2では2.7型約23万画素TFT液晶へと若干だが大きくなっている。背面ボタン類の配置位置は変化ないが、その質感が変更された。

 なお、十字ボタン(上)に充てられていたフラッシュモードは(右)に、代わりに(上)にはMODE、GRD1ではクイックレビューボタンだった(左)にはFnボタンが充てられた。マクロ(下)は変更なし。

  • 背面のレイアウトもほとんど変化なし。液晶画面が僅かながらに大きくなった

  • 背面ボタンのレイアウトはGRD1とほとんど変わらないが、その質感や押し具合は大きく向上している。細かい点でのブラッシュアップがしっかりと行われているということだ。グリップ部のラバーの質感も変更された

  • GRD1では自動ポップアップだった内蔵ストロボが手動でのポップアップへと変更された。これによりオート時における不意なストロボ発光を防ぐことができるようになった

 外観やレイアウトとしてはGRD1からほとんど変化のないGRD2だが、その操作性では確実に進化が見られる。カメラ上面に設けられているモードダイヤルにはM、A、P、オートに加えマイセッティングモードが2つ(MY1,MY2)が設けられた。これにより事前に登録した好みのカメラ設定を瞬時に引き出し撮影することが可能だ。MY1、MY2それぞれに1セットずつ登録できるので、高感度撮影モード&白黒モードなどと異なった設定を登録しておくと便利だ。SCENEモードには動画、斜め補正、文字撮影モードが用意されている。

  • GRD1から踏襲されたGRD2の操作系。「ADJ.」はダイヤルから左右スイング&プッシュさせるレバーへと変更された。POWERボタンは電源ONで緑色に発光。これはワイコン等を付けた時はレンズ鏡筒が見えなくなってしまうので、電源のON/OFFを鏡筒の状態では確認しにくくなってしまう場合などに便利だという

 GRD1から引き継がれた操作性のなかで、大きく変化があったのは「ADJ.モード」の選択変更方法だろう。この「ADJ.モード」には露出補正、ホワイトバランス、ISO感度、画質設定、フォーカス設定、画像設定、測光方式、連写モード、オートブラケット、調光補正のなかから最大4つの設定を登録できる。それらをメニュー画面を通さずに直接設定変更できるというものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加