logo

マイクロソフト、モバイル広告を配信開始

文:Elinor Mills(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2007年12月11日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月10日にモバイル広告の配信を開始した。

 Microsoftでオンラインサービスのディレクターを務めるPhil Holden氏は、今後はモバイル機器で「MSN Mobile」ポータルを訪れたときに、ブラウザの種類や画面のサイズに合わせて最適化されたミニバナー広告が表示されるようになると述べる。あらゆる携帯端末で閲覧可能という。

 MSN Mobileポータルは、ニュース、天気や株価の情報、映画のレビューや上映作品リストなどを提供しており、検索、「Hotmail」「Messenger」「Windows Live Spaces」にアクセスすることもできる。

 また、今後はクレジットカードを使用して電話で映画のチケットを購入したり、デスクトップ背景画像や着信音をダウンロードしたりすることができるようになる。

 最初の広告主はBank of America、Paramount Pictures、Jaguarである。

 Microsoftはモバイル広告スペースでYahooやGoogle、そしてより小規模な企業ではAmobee(VodafoneとスペインのTelefonicaが出資している)といった多くの企業との競争に直面している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集