グーグル、娯楽業界の大物サイモン・フラー氏と交渉か--英紙報道

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉2007年11月13日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ番組の「American Idol」や「X Factor」を制作した人物と、Googleの幹部はいったいどんな話があるというのだろうか?

 英国紙「The Guardian」のオンライン版は、Googleが約1年前からSimon Fuller氏と会合を重ねている、と伝えた。Fuller氏と言えば、Spice Girlsをプロデュースし、David Beckham氏のマネジメントを行い、「Pop Idol」などの人気娯楽番組を制作してきた人物だ。

 The Guardianの記事は、Fuller氏に近い匿名の情報源が、両者間の取り決めは「娯楽と音楽の配信方法に革命をもたらす」可能性があると話した、と報じている。

 YouTubeにコメントを求めたところ、広報担当者は「Simon Fuller氏がYouTubeにプロモーション用のブランドチャンネルを持っているという事実はあるが、噂や憶測についてはコメントしない」と述べた。

 提案だが、Googleの社内を舞台にしたリアリティー番組、というのはいかがだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加