logo

グーグルの携帯電話向けプラットフォーム団体、ドコモやKDDIも歓迎

永井美智子(編集部)2007年11月06日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの携帯電話向ソフトウェアプラットフォーム「Android」の活用と普及を図る団体「Open Handset Alliance」が11月5日、発足した。NTTドコモとKDDIもこの団体に参加し、歓迎のコメントを寄せている。

 NTTドコモ執行役員マルチメディアサービス部長の夏野剛氏は「ドコモは、リッチモバイルインターネットサービスが人々の生活を劇的に変えてきたと考えている。Open Handset Allianceが提唱する本物のオープンさが、これをさらに推し進めると信じており、ドコモはほかの企業と共にサポートしていく」と述べる。

 また、KDDI代表取締役社長兼会長の小野寺正氏は「Open Handset Allianceはモバイル業界のオープン化を進める大きな一歩であり、このプラットフォームが世界中のモバイルユーザーに全く新しい経験をもたらす」とコメントしている。

 このほか、日本勢では携帯電話向けJavaプラットフォーム「JBlend」を提供するアプリックス、画像編集技術のリビングイメージが参加している。

-PR-企画特集