グループウェアと名刺データ化をSaaSで連携するサービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィードパスは10月31日、三三とSaaS(Software as a Service)事業において業務提携を行うことに基本合意したと発表した。

 今回の業務提携により、フィードパスが提供するウェブ型グループウェアのSaaSである「サイボウズ Office 6 for ASP」と、三三が提供する名刺データ化サービス「Link Knowledge」が、SaaSプラットフォーム上でデータ連携する。

 フィードパスが提供するサイボウズOffice 6 for ASPは、スケジューラーを始めとしたグループウェア「サイボウズ Office」を、SaaSで提供するサービス。

 一方、三三が提供するLink Knowledgeは、30枚同時掲載可能なスキャナ、入力処理、SaaS型のソフトをオールインワンで提供する、名刺データ化サービスとなる。

 両サービスの連携により、ユーザーは、三三から貸与されたスキャナで名刺を登録するだけで、名刺をデータベース化し、サイボウズOffice 6 for ASPで検索、参照することが可能となる。さらに、名刺の情報を可視化し共有することで、ユーザーはー個人の人脈を、企業の資産として一元管理することができる。

 フィードパスと三三では、今回の連携において、3年間で500社以上の導入を目指しており、今後もSaaSプラットフォームをベースとしたサービス連携を戦略的に強化するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加