東芝、IPS液晶で地デジ視聴ができる「ポータロウ SD-P120DT」

エースラッシュ2007年10月25日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は10月25日、12型のIPS液晶を搭載したDVDプレーヤー内蔵のポータブル地上デジタル液晶テレビ「ポータロウ SD-P120DT」を、12月中旬より発売すると発表した。

 SD-P120DTは、地上デジタルチューナーおよびDVDプレーヤーを内蔵したポータブル液晶テレビだ。

 厚さ62mmのコンパクトボディながら、視野角170度の12型IPS液晶を搭載。付属のバッテリパックを使えば約3時間の連続再生が可能なため、屋内外を問わずテレビ番組やDVD、音楽ソフトなどを楽しむことができる。

 また、HDMI入力端子やカードスロットといった豊富なインターフェースも特徴だ。

 市販のDVDビデオだけでなく、VideoフォーマットやVRフォーマット(CPRM対応)で記録されたDVD-R/-RWの再生が可能。さらに、CD-R/RWに記録されたDivXの動画ファイルやMP3、WMAの音楽ファイル、JPEGの静止画ファイルの再生にも対応している。

 なお、オープン価格となっているが、予想実勢価格は7万円前後となる見込みだ。

SD-P120DT 東芝「ポータロウ SD-P120DT」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加