フォトレポート:過去のグーグル特許からGphoneのヒントを探してみる

CNET News.com Staff2007年10月25日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Googleが提出した特許からGoogle phoneについて分かることはないだろうか。この画像は米国特許商標局に2005年6月30日に提出され、2006年10月12日に公開された特許文書の抜粋である。特許文書のタイトルは「非スタンダードな、位置ベースのテキスト入力」となっている。発明者はGoogleの研究者Shumeet Baluja氏、受託者はGoogleとなっている。特許を調査したStephen Arnold氏によれば、この技術により、英語を話す人がどの携帯電話のキーパッドからも漢字を入力できるようになるという。
Scroll Right Scroll Left

 Googleが提出した特許からGoogle phoneについて分かることはないだろうか。この画像は米国特許商標局に2005年6月30日に提出され、2006年10月12日に公開された特許文書の抜粋である。特許文書のタイトルは「非スタンダードな、位置ベースのテキスト入力」となっている。発明者はGoogleの研究者Shumeet Baluja氏、受託者はGoogleとなっている。特許を調査したStephen Arnold氏によれば、この技術により、英語を話す人がどの携帯電話のキーパッドからも漢字を入力できるようになるという。

提供;米国特許商標局Shumeet Baluja氏

 Googleが提出した特許からGoogle phoneについて分かることはないだろうか。この画像は米国特許商標局に2005年6月30日に提出され、2006年10月12日に公開された特許文書の抜粋である。特許文書のタイトルは「非スタンダードな、位置ベースのテキスト入力」となっている。発明者はGoogleの研究者Shumeet Baluja氏、受託者はGoogleとなっている。特許を調査したStephen Arnold氏によれば、この技術により、英語を話す人がどの携帯電話のキーパッドからも漢字を入力できるようになるという。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加