logo

日本で初お目見えした、最後の「チョコレートフォン」 - 2/8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 チョコレートフォンが最初に登場したのは2005年。高級素材の希少なファッションに使用される「ブラックラベル」の概念を携帯電話にも適用したシリーズとして、韓国で発表された。LG電子の携帯電話が、技術中心からデザイン中心へと大きくシフトする転換点だった。初代チョコレートフォンは、他にはない洗練されたデザインが際立ち、たちまち人気機種となった。とくに韓国の携帯電話事業者KTFでは当初、チョコレートフォンによる1日の携帯電話契約数が1000件を超えるほどの人気ぶりだった。LG電子によるとこれは「KTFの全契約数の10%以上を占めるほど」だったという。
Scroll Right Scroll Left

 チョコレートフォンが最初に登場したのは2005年。高級素材の希少なファッションに使用される「ブラックラベル」の概念を携帯電話にも適用したシリーズとして、韓国で発表された。LG電子の携帯電話が、技術中心からデザイン中心へと大きくシフトする転換点だった。初代チョコレートフォンは、他にはない洗練されたデザインが際立ち、たちまち人気機種となった。とくに韓国の携帯電話事業者KTFでは当初、チョコレートフォンによる1日の携帯電話契約数が1000件を超えるほどの人気ぶりだった。LG電子によるとこれは「KTFの全契約数の10%以上を占めるほど」だったという。

それまでになかった光沢感や高級感が好評だった、初代のチョコレートフォン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]