米特許商標庁、アマゾンの「1-Click」購入システム特許を拒絶

文:Elinor Mills(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2007年10月18日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米特許商標庁(USPTO)はAmazon.comの「1-Click」オンライン購入システムの特許請求の範囲について、日付がそれより前の別の特許が存在する証拠を理由にその大半を拒絶した。

 米国時間9月26日付けの決定で、3人の判事で構成される合議体はAmazonの特許請求を承認した過去の決定を破棄し、特許審査官に差し戻した。

 Amazonの1-Clickシステムでは、アカウントの所有者がマウスを1回クリックするだけで買い物ができる。この特許は1998年に承認され、Amazonは1999年にBarnes & Nobelが同様のワンクリック精算システムを使用するのを阻止しようと訴訟を起こした。この訴訟は後に法廷外で和解された。

 同社の特許は、2006年にニュージーランドの俳優Peter Calveley氏から疑義の申し立てがあった後で再審査されていた。Calveley氏はブログで次のように記している。「Amazonには特許庁の拒絶に答弁書を提出する機会が与えられているが、私のような第三者の再審査要求による特許の3分の2は修正を強いられるか完全に破棄されることになる」

 太平洋夏時間午後2時の更新:Amazonの広報担当者が以下の声明を発表した。「当社は特許出願について法的な手続き外でコメントするつもりはなく、12月9日の期限までに今回の初回の決定に対して答弁書を提出する予定である」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加