ノキア、地図データサービスのNAVTEQを81億ドルで買収

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年10月02日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話メーカー最大手のNokiaは米国時間10月1日、デジタルマップを提供するNAVTEQを81億ドルで買収すると発表した。このたびの買収はNokiaにとって最大規模のもの。

 NokiaはNAVTEQ株を1株あたり78ドルで取得する計画で、買収資金は現金のほか借入金でまかなうという。Nokiaは6月末時点で、83億ユーロ(118億ドル)の現金と流動資産を保有していた。

 世界最大の売り上げを誇る携帯電話メーカーのNokiaは、音楽やゲーム、ナビゲーションなどのソフトウェアやサービスを事業に加えようと力を注いできた。新しい収入源を作り出すこと以外に、Nokiaはこうした新しい試みを、競合他社の携帯電話との差別化要因とみなしてきた。

 Nokiaは2007年にバルセロナで開催された3GSMトレードショーにおいて、同社初のGPS電話機「6110 Navigator」を発表した。また同社は、ユーザーが地図をダウンロードできるナビゲーションサービスも開始した。

 ハンドセットに組み込まれたソフトウェアを利用して、消費者は現在の位置を地図上で確認したり、目的地を検索したり、道順を探したり、レストランやホテル、店舗などの近くのサービスを見つけたりすることができる。

 Nokiaの最高経営責任者(CEO)Olli-Pekka Kallasvuo氏は声明で、ロケーションベースのサービスは「Nokiaのインターネット戦略における土台の1つ」と述べる。NAVTEQと力をあわせれば、コンテキストと地理情報をたくさんのインターネットサービスと組み合わせ、市場にすばやく投入できると、同氏は述べる。

 Nokiaはまた、NAVTEQでは既存の顧客に対するサポートを継続するとしている。NAVTEQはNokiaのグループ企業として位置づけられ、その地図データ事業は独立して運営され続ける。

 ナビゲーション端末メーカーTomTomが、NAVTEQ最大のライバルTele Atlasを18ユーロ(25億5000万ドル)で買収する意向を示した夏頃より、NAVTEQは買収対象企業とみなされてきた。

 Tele AtlasはMapQuest、Google Mapsのほか、複数のナビゲーション端末向けに地図を提供している。Tele Atlasの収入の40%は、TomTomとの取り引きによるものだった。TomTomによるTele Atlasの買収が発表された際、多くの人はそのライバルであるNAVTEQがGoogleに買収されるのではないかと考えた。

 Nokiaの株価は10月1日のニュース発表後、2.43%低下し、37.01ドルとなった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加