logo

世界最大のビジネス向けSNSが日本上陸へ--デジタルガレージ、米LinkedIn社の日本展開支援で基本合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは9月26日、世界最大のビジネス向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「LinkedIn(リンクトイン)」の日本における事業展開で、同サービスを運営するLinkedIn社との協力関係に基本合意したと発表した。

 LinkedInは、仕事を効率よく進めるためのネットワークツールとして、米国、イギリスをはじめ、世界各国のビジネス・パーソンを中心に人気を集め、2007年9月現在、全世界に1400万人以上、日本でも約7万人の登録ユーザーを擁するサービス。ユーザーは、例えば業務上の問題解決のために、同サービスを通じて適切な意見を集めたり、専門家とコンタクトを行うことができる。

 今回の合意により、デジタルガレージは「日本版LinkedIn」のサイトの仕様策定、および、日本市場における事業体制の構築で全面的にサポートする。

 また、慶應義塾大学総合政策学部の國領二郎教授と協力し、次世代を支えるビジネス・パーソンの育成を目的としたオープン・ネットワークの利用に関する研究会を発足。研究会では、LinkedInのようなオープン・ネットワークを日本のビジネス・シーンに浸透させるための方策について検討を行っていく。

-PR-企画特集