logo

日本HPとソフトバンクBB、携帯電話を活用したウェブ認証システムで協業

松田真理(マイカ)2007年09月25日 21時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とソフトバンクBBは9月25日、携帯電話を利用したウェブ認証プラットフォームの分野で年内に協業することを発表した。

 ソフトバンクBBの携帯電話を使用した認証サービス「SyncLock」と日本HPのウェブシングルサインオン・ソリューション「HP IceWall SSO」を連携させ、新たな認証プラットフォームとして提供する予定だ。

 SyncLockは、ユーザーの携帯電話を利用して本人認証を行う。ユーザーは、PC画面に表示される4桁の番号を携帯電話から入力。シンクロサーバーに送信し、PCと携帯電話による2経路複合認証を行う。今回の連携により、一度SyncLockによる認証を行えば、複数のウェブサービスで認証が可能になる。

 今後両社は、金融業、流通業、小売業などをターゲットとして展開する。今後は日本HPがSyncLockの販売代理店として、本連携ソリューションの販売活動を一括して行う予定だ。

-PR-企画特集