logo

「(ソ)ニーッ」と笑って自動撮影--ソニーサイバーショットイベント開催

坂本純子(編集部)2007年09月21日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月20日、9月4日に発表したデジタルカメラ、サイバーショットTシリーズ(DSC-T200/DSC-T70)のプレス向け開催した。

“3.5型の液晶を搭載したDSC-T200 3.5型の液晶を搭載したDSC-T200

 新サイバーショットは、笑顔になったときの笑いじわや口角の上がり方などをもとに、笑顔を自動検出し、自動的にシャッターが切れる「スマイルシャッター」が大きな特徴だ(記事参照)

 スマイルシャッターの設定をしておけば、笑顔にならないとシャッターが切れないため、時間設定のないセルフタイマーとしても使える。もちろん、笑顔のタイミングで撮影するのがむずかしい子どもの撮影にも有効だ。

“3.0型の液晶を搭載したDSC-T70 3.0型の液晶を搭載したDSC-T70

 このスマイルシャッター機能を搭載したサイバーショットのキャッチフレーズとして、撮影時には「ハイ、ソニー」と声をかけてほしいとコピーライターの眞木準氏は話した。デジタルカメラメーカー各社で、発音するとソニーだけが「イ」音で終わり、自然なスマイルをつくりだす。ソニーならではのキャッチという。

“「スマイル」をイメージしたかわいらしいお菓子も披露された 「スマイル」をイメージしたかわいらしいお菓子も披露された

 なお、銀座ソニービルで9月26日〜10月28日まで、DSC-T200/DSC-T70の体験イベントを開催する。実際に手にとって体験できるほか、スマイルシャッターでとらえた参加者の写真を新聞記事風のフレームに入れてプリントしてくれる。

“会場には、CMキャラクターを務める松田翔太氏、香椎由宇氏、渡辺哲氏、メリーアン 響、コピーライターの眞木準氏が駆けつけた 会場には、CMキャラクターを務める松田翔太氏、香椎由宇氏、渡辺哲氏、メリーアン 響、コピーライターの眞木準氏が駆けつけた

-PR-企画特集