logo

エンターモーション、第三者割当増資を実施--三井物産、みずほ証券と並んで中島聡氏も

瀬井裕子(編集部)2007年09月11日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話のサイト構築のASPを提供するエンターモーションは9月11日、第三者割当増資を実施した。事業展開のための製品開発や、サービスラインナップの拡充に充当する。

 調達したのは1億7850万円で、増資後の資本金は3億6850万円。割当先は、三井物産、JAIC-Atop投資事業有限責任組合、中島聡氏、兼松グランクス、みずほ証券の4者。

 今回の資本提携により、三井物産とは、三井物産が出資するリンクシェアジャパン、アドバタイジングドットコムジャパン、ネットマイル、三井物産ヴィクシア等とモバイルメディア分野の新規事業や営業面で協業する。

 また、JAIC-Atop投資事業有限責任組合の出資者であるエクシングと日本アジア投資、兼松グランクス、みずほ証券とは、営業や新規の携帯電話サイトの立ち上げや新規事業開発、IPOに向けての助言等でアライアンスの構築を目指す。

 また、中島聡氏は資本参加とともに技術顧問に就任。同氏は米Microsoft本社で、Windows95、Internet Explorerのバージョン3.0、4.0、Windows 98で主任設計者を務めた経験を持つ。現在は、ソフトウェア会社のUIEvolutionを設立してCEOを務める。これらの経験を活かし、技術的なアドバイスや製品開発に関しての助言を行う。また同氏はCNET Japanでブログを執筆をするほか、自身のブログでも知られている。

 エンターモーションは、SNSや各種のデジタルコンテンツ、ポイントシステムのほか、プロモーションにも対応した携帯電話のサイト構築と管理をできるASP「Media Magic」の提供を主な事業とする。

 同社は今後、株主との連携を強めて、独自のビジネスモデル構築やモバイルメディアソリューション分野での製品とサービスの開発を強化し、上場に向けて事業を拡大する。

-PR-企画特集