三菱電機、液晶テレビ「REAL」、デジタルレコーダー「楽レコ」新製品を発表

加納恵(編集部)2007年08月22日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は、液晶テレビ「REAL」に2シリーズ8機種と、デジタルレコーダー「楽レコ」に2機種の新製品を発表した。発売は9月から10月にかけて行われ、価格はオープンとなる。

 今回のシリーズより、テレビとデジタルレコーダーを連動して使用できる「REALINK(リアリンク)」機能を採用している。録画や選局などが1つのリモコンで行えるほか、テレビ視聴中に番組ポーズボタンを押すと、一時停止と同時に録画が行える「番組ポーズ録画機能」、テレビ側のチャンネルで録画したい番組を選んでも、レコーダー側が連動する「一発録画機能」など独自の機能も備える。

各製品の特長は下記の通り。

MZWシリーズ

 MZWシリーズは、40型、46型、52型の大画面サイズを揃え、パネルはすべて1920×1080ドットを使用したのフルHDモデルとなる。発売は10月21日より。

 フルHDパネルに合わせ、映像エンジン部には毎秒120枚で映像を表示する「倍速ピクチャー」機能をはじめ、色再現域の拡大を可能にした「DIAMOND Engine PRO?」を採用。加えて、パネル部に光沢コート処理を施した「DIAMOND Panel」を搭載するなど、新技術を内蔵している。

 また、左右のフロントスピーカーのみで5.1chサラウンドが再生できる「DIATONEサラウンド5.1」機能も備える。

  • LCD-H52MZW75(52型、予想実勢価格:55万円前後)
  • LCD-H46MZW75(46型、予想実勢価格:45万円前後)
  • LCD-H40MZW75(40型、予想実勢価格:38万円前後)

MXシリーズ

 MXシリーズには20型、32型の2サイズ、全5機種が登場した。32型は10月21日より、20型は10月1日より発売する。パネルには1366×768ドットのワイドXGAタイプを採用した。

 フレームやスピーカー部をスリム化したシンプル&スリムデザインを採用し、37型で設置面積の約15%減少に成功。32型には、倍速ピクチャー機能を内蔵したMXW75と、通常のMX75、20型にはブラック、シルバー、ローズのカラーバリエーションを持つ。

 32型には、リモコン操作で画面の向きを調整できる「オートターン」機能も備える。

  • LCD-H32MXW75(32型、予想実勢価格:20万円前後)
  • LCD-H32MX75(32型、予想実勢価格:16万円前後)
  • LCD-H20MX75B、S、R(20型、予想実勢価格:10万円前後)
三菱電機REAL新シリーズ 液晶テレビ「REAL」

楽レコシリーズ

 デジタルレコーダーの「楽レコ」新シリーズは、HDD、DVDにVHSまでを内蔵した3 in 1タイプ。地上、BS、110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを内蔵する。

楽レコ デジタルレコーダー「楽レコ」

 液晶テレビREALとの連携が行えるREALINK機能を備えたほか、HDDに録画したハイビジョン番組をDVDにダビングする際、倍の速度を実現する「高速&高画質ダビング」機能に対応しているのが特長だ。

 通常リモコンのほか、ボタン数を絞った「かんたんリモコン」も同梱し、簡単操作をサポートする。

  • DVR-DV745(HDD容量:400GB 予想実勢価格:11万円前後)
  • DVR-DV735(HDD容量:250GB 予想実勢価格:10万円前後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加